[PR]

重機の査定を申し込み
ランキング内容を確認しておこう 中古ダンプが欲しい
用途に合った車輛が見つかる 中古トラックを多く取り扱っている会社!
車両設備をチェック! 古い発電機の処分には買取業者!
故障してても対応可能☆

業者を頼るメリット

工事現場

買取実績多数だから安心して買取依頼できる

年間買い取る重機、中古ダンプ、トラクター、トラックの数が多いほど買取金額が高くなります。また、日本を超えて海外にまでネットワークを広げている大手買取専門業者なら、使えなくなった重機の買取も積極的に行ないますよ。それも結構な値が付くので次購入する時の足しにできます。

一括査定ができる

サイトを使えば、各業者から見積もりを一斉に依頼することが可能なので、買取金額を早く知りたい方や優良業者を探すのに役立てたい人に大変有利です。また登録している業者も多いので数打ち当てればいずれ高く買取してくれる業者に巡り合える可能性があります。

買取を強くお勧めする理由

廃車にするだけもお金がかかってしまうので、査定額が落ちることをわかっていても買取業者に買取してもらった方が整備士のメンテナンスでまた使えるようになります。廃車は最終手段として考えて、試しに買取査定に出してみましょう。以下の事に注意すれば高額査定が狙えます。

買取金額アップの秘訣

綺麗にしておくことはもはや常識

重機やトラックなどは、建材や泥を運ぶための重要な役割を補っています。反面、過酷な現場で使われるので汚れはもちろん、ボディのへこみも気になります。買取金額を上げる方法としては、少しでも汚れを落としておくこと、そして車内にゴミ一つ残さないことです。専用のクリーナーで磨けば、見違えるように美しくなるでしょう。

部品は取っておく

トラックやトラクターに付属している部品を一緒に査定に出すことで買取金額が高くなることもあります。また、作業用に買った別のパーツもついでに査定してもらいましょう。使い道のあるものは高く買取されます。

走行距離が少ないほど高く売れる

重機の場合は走行距離よりむしろ使用した時間が査定に響いてきます。一方、中古ダンプやトラックの場合は走行距離が重要なポイントなので、かなり乗っているものはエンジンや他の部品に劣化が生じます。その影響で買取額も大幅に下がってしまうわけです。

エンジンの点検と掃除

走行距離が長いからと高額査定を諦めるのはまだ早いです。一歩踏み込んでエンジンルームの清掃をしましょう。劣化が進むとオイルが漏れて周辺が汚れてしまいますから専用のクリーナーで綺麗にしておくといいです。ちなみに自社で整備士を雇っているところに依頼すれば自分たちで修理をする必要はありません。

時期を見て買取に出す

状態が良ければいつでもいいですが、高額査定を狙うなら9月~1月、その時期を逃した場合は3月~4月でもいいでしょう。9・10月は年末に向けて建築会社が大量にトラックや重機を仕入れます。そのため、需要が高くなり買取金額のアップが見込めるのです。

[PR]

広告募集中