買取に必要なもの|重機や中古ダンプの気になる買取金額【廃車にするより売った方がお得】

買うことも売ることもできる業者

工事現場で使われている質のいい中古ダンプは、再度買取に出してお金にすることができます。また、買取と一緒に中古販売をしているのでチェックしましょう。人気の車種は中古でも需要が高いので買取の際にとても喜ばれます。

買取が成立するまでの流れ

査定して価値を知ろう

最初に必要なのはサイトを使って査定をすることです。年式や走行距離など中古ダンプの情報を細かく入力し、クリックすると査定額がわかります。操作に自信がない場合は電話やファックスでも可能です。

実際に見る

文字だけの情報だけでは、正確な査定額を出すのは難しいところなので実際に査定員に来てもらい中古ダンプを細かくチェックしてもらいます。その時に質問等があれば投げかけましょう。

検討する

査定額をその場で出されたからといって、必ずしも取引に応じる必要はありません。大体の業者は考える時間を与えてくれるでしょう。その間に別の業者に買取金額を出してもらい再度比較することも重要です。

成立した場合

買取金額に納得した場合はその場で金額を受け取ることができます。また、ネットで承諾した際は銀行振り込みになるので口座番号に間違いがないよう相手へ伝えましょう。直前になってやっぱり売りたくないとなった場合は早めに伝えてください。

買取に必要なもの

ダンプカー

用意しておくもの

名義変更を行う際や持ち主がわかる時に不可欠なのが委任状や譲渡証明書です。これらの容姿はサイトから印刷ができます。他にも加入する義務がある自賠責保険証明書、印鑑証明書も忘れずに準備しましょう。ちなみに印鑑証明は発行してから2か月以内のものを用意しないと後々面倒です。

状況に応じて必要になる書類

中古ダンプを販売したところがローン会社やディーラーだった場合、所有者の印鑑証明書と委任状などが必要です。売ることを決めた時に電話で用意してもらうよう伝えます。また、車検証の住所と違う場所に住んでいるケースや、車検証の登録をしてから過去二回以上引っ越しをしている場合も戸籍謄本並びに住民票の除票を用意します。

広告募集中